年長組お茶立て🍵参観

今日は年長さん最後の礼法参観でした。保護者の方に感謝の気持ちでお茶をたて、おもてなしします。釜の湯気が立ち込める中、大好きな家族の方と、笑顔で目を合わせてお辞儀をしたり、自分のたてたお茶を美味しく飲んでいただいたり、それはお互いに嬉しく穏やかで優しい時間でした。

保護者の方から、「子どもの方が堂々としていて、親の方がお辞儀の作法がわからなくてあたふたしてしまいました💦本当に大切なことと改めて感じました」とご感想をいただきました。現代は和室のないご家庭が多くて生活も洋式化してる中、日本文化に触れる機会は貴重ですね…。

本日のお菓子は節分に因み「大多福豆」。皆さまに福が多からんことを願いお茶の先生が用意して下さいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA