待ちに待った始業式🏫

長いこと延期の延期になっていた令和2年度の始業式をようやく本日無事に行うことができました。慈光っ子の笑顔に再び会えて、職員みんなとても嬉しく、感謝の思いでいっぱいです。

密を防ぐため、午前は年中組、午後は年長組で行いました。登園させることに不安を抱き直前まで悩まれていた保護者の方もいたことでしょう。

そんな中、子どもたちを明るく送り出して下さり心より感謝申し上げます。

私たちはみな、進級のお祝いの言葉を子どもたちに伝えたい気持ちをずっと胸にしまいながら過ごしてきた毎日でした。ですから今日の日を無事に笑顔で迎えられたことに、何よりも感謝です。そして、「ご進級おめでとうございます」と、たくさんの先生から祝福を受けた子どもたち、満面の笑顔でした!

改めて始業式の大切さを子どもたちの感激の表情から、気づかされた私たちです。

長い家庭保育に慣れて、園生活に不安を抱いてる子もいるかも、と新しいクラスの先生たちの心配をよそに、とても嬉しそうに過ごしていた子どもたち。

長い休園は決して無意味なことでなかったことが良くわかりました。

手洗いがとても上手になったことや、自分の健康に対しても意識の高さを感じました。保護者の方の頑張りが、子どもの発言や姿から伝わりました。そして何よりも、新しい学年に期待を持って今日という日を楽しみにしていた子どもたちの思いを強く感じました。今までの園生活がしっかりと子どもたちの土台となり根付いていたのですね。

一人一人の清々しい凛とした表情は、私たち保育者にとってけっして忘れることのできない貴重な1日となりました。

まだまだ当たり前の日常に戻るには時間がかかることでしょう。大人が今できることを精一杯に頑張る姿から子どもたちは学びます。保護者のみなさまと共に気をつけながら、一緒に乗り切っていきましょう。

最後に動画でお届けしていた「ハートでタッチ」をみんなで楽しく踊りました!

離れていてもしっかりハートが伝わり合っていたこと実感しました💕明日から分散登園、心と体をほぐしながら楽しめますように🍀

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


かわいいお客様🐣

今日の朝、園庭に、カルガモ一家がお散歩してました🐦

朝グリーンの子と見守る中、お母さん鳥に生まれたてのひなが11羽、けなげにピヨピヨどこまでも着いていき、段差を登れない子がいると、お母さん鳥、そばに来てじっと見守り待つ姿に、人の親もこうでありたいと学びます。

市や県の自然保護課に問い合わせしましたところ、野鳥に人が手を差し伸べると、母鳥が、育児放棄してしまうので、そっとしておくようにとアドバイスいただきました。

水辺を探してるのでしょう
ひなを守る母鳥

しかし、気温も高く、幼稚園には水辺が整っていないため、バスの先生たちが捕獲して近隣の川辺にはなしてくれました。

親子で上手に泳ぎ草むらに向かっていったそうです。無事に育つことを祈るばかりですね。もしかしたら、城址公園のお堀辺りにいるかもしれませんね。

なんと、カルガモさんの孵化したあとの卵を境内の草むらで発見しました!ここでひっそりと子育てしていたのですね!

かわいい突然の自然界からのお客さんに、心洗われ癒された1日でした🍀

4+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

初夏の幼稚園🌱

園庭は初夏のみずみずしい緑に包まれ、朝顔の双葉も次々と芽を出し、じこうっ子の登園を心待ちにしております。

保護者のみなさま、先日は家庭訪問のご協力ありがとうございました。

自粛の日々、ご家庭保育やお仕事の大変さの中で、まずお子さんのことを考えて、生活リズムを崩さないように苦心されたり、幼稚園での遊びをご家庭で取り組んでくださったり工夫されていることに、ありがたさと力強さを感じております。

幼稚園の最近の様子を写真と共に少しお伝えしますね。

慈光農園のジャガイモ

3月に植えたジャガイモも清らかな花を咲かせました!土の下で、お芋が大きくなっていることでしょう。7月、年長さんに収穫してもらって、みんなでホカホカジャガイモ食べましょうね🥔

今年は例年お世話になっております草笛の丘のサツマイモ農園が新型コロナウィルス感染拡大防止のためお休みなので、M先生のおじい様のご協力で慈光農園にサツマイモ畑をバスの先生方と作りました。毎年、秋には森の幼稚園での焼き芋🍠は大好評ですので、今年もぜひその楽しみを味あわせてあげたいですね。

まずは畑作り、土づくりから
苗植え
この苗から根が出てお芋に育ちますように
水はあげずに、自然に任せるそうです!甘やかしてはいけないんですね‥勉強になります。

年中さんのオクラもかわいく芽を出してます🌱

年長さんの朝顔も🌱

みんなに会えるの楽しみに育ってます!

メダカも卵を産みました!孵化しますように!

水草についているプルンとした透明の袋の中に卵がたくさんいましたよ!

カメのハートちゃんも元気です!

一緒にお散歩しようね!

おたまじゃくしもみんなに会う頃には、少しカエルっぽくなってますね?

一緒にカエルの101っちゃんの絵本読もうね!

動物も植物も、すべり台もブランコも、みなさんを待ってます。もちろん、先生たちが1番に❗️

6月、例年通りの保育というわけにはいきませんが、できる限りの安全対策を最優先にとりながら、子どもたちの「嬉しい!」「楽しい」を大切に保育計画をたててまいります。

先生たちも交代勤務しておりますが、園長副園長は毎日おりますので、どうぞ、何かご心配ことなどありましたら、ご相談下さい🍀

10+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

朝顔の種まき🌱

今日は、本来ならば年長さんが5月連休明けに行うアサガオの種まきを、代わりに職員で行いました。

鉢に入れる土の感触や量、種子の形態、一粒一粒に思いをこめてまく体験の中にたくさんの学びがあることを改めて感じました。

園再開しましたら年長さんにバトンタッチできるように、それまで職員と預かり保育の子どもたちとお水をあげ、育てていきます。

年長さん、自分のアサガオがどれくらいツルが伸びて育っているか楽しみにしていて下さいね🌱

夏、色とりどりのアサガオの花で、色水遊びできることを祈っております。

畑に夏野菜の苗も何種類か植えました。さて、なんの葉っぱでしょう?

みなさんで収穫できる日を楽しみにしてます🍆

4+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

森のようちえん5月の風景

5月の連休後も、臨時休園、外出自粛の日々が続きます。

そんな中、身近な自然にふと目を向けると新緑がみずみずしく、モンシロチョウやてんとう虫が庭先に飛んできたり、ツバメも巣作りに忙しそうで、自然界でしっかりと季節が移り変わっていることに、安心します😊

 

さて、子どもたちの大好きな森のようちえんに、昨年の台風15号以来なかなか行くことができなかったので、連休を利用して、今後の森の整備のために様子を見に行きました。

すると、 K先生とご両親が、子どもたちのために、竹を切りやぐら(アスレチック)を組んで下さっていました‼️

台風被害により荒れた森を、コツコツと整備して下さり、とてもありがたいです✨

ウグイスやカエルの鳴き声、そして湧水が流れる土壌には、サワガニも元気に活動してました❗️

 

台風15号の爪痕がしっかりと残っている森のようちえん。巨大な木が横たわってますが、大人が乗ってもびくともしません。この偉大な自然のオブジェに子どもたちがきっと自ら登って触れ、自然の脅威と森の神秘を体いっぱいに感じとるでしょう。

夏、子どもたちと森のようちえん活動再開を目指して、整えて行きたいと思います❗️

11+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。