一瞬一瞬が勝負

「ねぇねぇ、先生!」

目をかがやかせながら、話しかけてくる子どもたち😊。

嬉しそうに話してくるのは、どうしても聞いて欲しいことがあるからです。

それは、何かの発見だったり、面白い事件だったり、不思議なことだったり、とっておきの内緒話だったり。

この楽しさやわくわくを話したくて、たまらない!一緒に楽しんで欲しい!

そんな気持ちがあふれているのが「ねぇねぇ聞いて!」

ときには、「わたしねー、昨日◯◯したんだよ」とか、「僕ねー、こないだ◯◯できた」など、自分のお話をたくさんしようとしてくれます。

その瞬間が勝負です!

子どもは不思議なもので、その一瞬をのがすと、もう、興味はこちらにむきません。

後から「ねぇ、さっきのお話だけどさー」と話を向けても、もう知らんぷり。

勝手と言えば勝手ですが😊、それが素直な子どもの反応です。

子どもの興味は目まぐるしくうつります。

好奇心が刺激されて、キョロキョロ、わくわくしている。

それが自然の子どものすがたです。

だから、子どもがこちらに気持ちを向けて話かけてきたときはチャンス!

全力で受け止めて、こちらも気持ちを子どもに向けてあげる。

「しっかりと受け止めてもらえた!」

まずは、この幸せで愉快な経験が子どもにとって大きな意味をもちます。

誰かに受け入れてもらうことを重ねていくと、誰かに話しかけることの楽しさ、人とかかわることの幸福を、身体に染み込ませることができるのです。

人間の幸福は人と人とのかかわりの中にあります。そして、人とうまくまじわることのできるようになるための基礎は、このような子ども時代の経験によって育まれるのです。

誰とでも友達になれる子に!

これは子育てにおけるもっとも大切な目標の一つです。

そのためにも、子どもがこちらに気持ちを向けて来たときは、全力で受けとめてかかわっていくことが大切なのです。

そして周りの人たちとかかわる楽しさを覚えた子どもは、やがて他の人を受け入れることができるようになります。

自分から進んで、誰かを受けいれてあげられるようになるのです。

また、子どもは、自分をとりまく世界に興味をもち、ふれて、味わって、世界に向けて自分を開いていき、かかわりを持ちはじめる時期にあります。外の世界へ自分の力で歩きだす準備をしているのです。

そのときに、周りの大人が正面から受け止めてあげて、「世界は楽しいよ。悪い人ばかりじゃないよ。だからワクワクしながら、力いっぱい歩いて行きなさい!」

そんなメッセージを送ってあげなくてはなりません。

それが子どもを「受け止める」意味です。

ですから、子どもの話を聞いてあげて、できれば、それをさらなる好奇心が湧くように伸ばしてあげれば最高ですね。

大変で根気がいるかもしれません。

でも、大切な大切な時期です。

ご家庭と幼稚園でともに、楽しみながら、頑張って参りましょう!

10+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA