新春のご挨拶

28日は清められた各保育室やホール、お茶室などに、一年間の慈光っ子の成長と無事に感謝の思いを込めながら、またみんなが平穏なお正月を過ごせますようお祈りしながら、輪飾りと鏡餅やゆずり葉のお供えをして歩きました。

そしていよいよ31日大晦日。理事長先生と共に、ご祈祷してまわります。子どものいない園舎は静寂につつまれていますが、一歩保育室に入りますと、子どもと先生がたの日々の楽しく生活している声が聞こえてくるような、温かな温度が伝わってきます。とても幸せな気持ちになるのです。

大晦日の深夜12時になると、境内の除夜の鐘をつきに、園児や卒園児、近隣のご家庭の方々が参拝に来られます。

しんしんと寒い夜中の元旦一番に、「今日は起きていられたので」「先生に会えて良かったねえ〜」と嬉しそうに話して下さるご家族の笑顔にたくさんお会いできて、幸せな新年のはじまりを迎えることができました。眠い目をこすりながら、精一杯に除夜の鐘の手綱を引く子どもたちの姿もなんて愛おしいのでしょう。深夜に響きわたる鐘の音に、ご家族の皆さまの願いが叶いますようにとお祈り申し上げました。またどうぞ来年の同じ刻に皆さまの笑顔にお会いできますように。

1日元旦の朝は、爽やかな青空のもと穏やかな冬晴れのなかで迎えることができました。皆様におかれましても健やかな年をお迎えになられたこととお慶び申し上げます。

本年も、職員一同研鑽に励み、子どもたちの今と未来を大切にしながら、「心のバネ」を育んで参ります。

希望を持ち進む年となりますよう、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

6+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA