待ちに待った始業式🏫

長いこと延期の延期になっていた令和2年度の始業式をようやく本日無事に行うことができました。慈光っ子の笑顔に再び会えて、職員みんなとても嬉しく、感謝の思いでいっぱいです。

密を防ぐため、午前は年中組、午後は年長組で行いました。登園させることに不安を抱き直前まで悩まれていた保護者の方もいたことでしょう。

そんな中、子どもたちを明るく送り出して下さり心より感謝申し上げます。

私たちはみな、進級のお祝いの言葉を子どもたちに伝えたい気持ちをずっと胸にしまいながら過ごしてきた毎日でした。ですから今日の日を無事に笑顔で迎えられたことに、何よりも感謝です。そして、「ご進級おめでとうございます」と、たくさんの先生から祝福を受けた子どもたち、満面の笑顔でした!

改めて始業式の大切さを子どもたちの感激の表情から、気づかされた私たちです。

長い家庭保育に慣れて、園生活に不安を抱いてる子もいるかも、と新しいクラスの先生たちの心配をよそに、とても嬉しそうに過ごしていた子どもたち。

長い休園は決して無意味なことでなかったことが良くわかりました。

手洗いがとても上手になったことや、自分の健康に対しても意識の高さを感じました。保護者の方の頑張りが、子どもの発言や姿から伝わりました。そして何よりも、新しい学年に期待を持って今日という日を楽しみにしていた子どもたちの思いを強く感じました。今までの園生活がしっかりと子どもたちの土台となり根付いていたのですね。

一人一人の清々しい凛とした表情は、私たち保育者にとってけっして忘れることのできない貴重な1日となりました。

まだまだ当たり前の日常に戻るには時間がかかることでしょう。大人が今できることを精一杯に頑張る姿から子どもたちは学びます。保護者のみなさまと共に気をつけながら、一緒に乗り切っていきましょう。

最後に動画でお届けしていた「ハートでタッチ」をみんなで楽しく踊りました!

離れていてもしっかりハートが伝わり合っていたこと実感しました💕明日から分散登園、心と体をほぐしながら楽しめますように🍀

5+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA